長財布を使っている人がなぜ稼ぐことができるのか

日本最上級の皮革製品専門店ならではの長財布





財布の購入価格の200倍の年収法則

財布の購入価格の200倍の年収法則

 

 

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」 の著者 亀田潤一郎 氏によりますとその人の持っている財布を見れば大体の年収がわかるそうです。

 

 

亀田氏がたくさんの経営者の財布を見てきた経験から発見した財布の購入金額と年収の法則。

 

財布の購入価格の200倍がその人の年収という法則に当てはまるそうです。

 

10万円で財布を購入した人の年収はその200倍の2000万円。

 

1万円で財布を購入した人の年収は200万円の年収。

 

これは可処分所得です。

 

10万円で購入した財布を持っているのにもかかわらず年収がまだ2000万円に届いていない人はいずれ2000万円に近付いていく。

 

 

1万円で財布を購入したのに年収は2000万円あるという人はいずれ年収が落ちていく。

 

1万円で財布を購入した人が年収200万円より多い場合はいずれ200万円まで下がってくる。

 

1万円で財布を購入した人が年収100万円しかなければいずれ200万円に近付いていく。

 

 

こんなパターンも多くあるそうです。

 

自分の大切なお金に快適な住まいを提供する心。

 

その心がお金をコントロールする力となります。

 

自分の心というものはなかなか簡単に変えられるものではありません。

 

その自分の心を変えるきっかけに高級な長財布に変えるということが一番だと思います。

 

ただ、それは財布を実用性としていつも持ち歩く男性の場合の話です。

 

女性の場合は、財布を実用性というよりおしゃれとかファッションで財布を選ぶ場合がほとんどですのでこの法則はあてはまらないようです。

 




皮の長財布