長財布を使っている人がなぜ稼ぐことができるのか

日本最上級の皮革製品専門店ならではの長財布





稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?

 

 

 

 

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

(亀田 潤一郎 著)(サンマーク出版)の本を読んで私も10万円の長財布を買おうと思ってますが、

10万円する財布はなかなかありません。

 

それに10万円の財布となるとなかなか決心できません。

 

現在私が使っている財布は1000円の長財布です。(恥;)

 

もう10年は軽く超えている財布ですが結構お気に入りの長財布です。

 

しかし実は、この長財布は福岡県へ社内旅行したときに
自分用のお土産に買ったもので1000円均一ショップで買ったものです。

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?の著者亀田 潤一郎氏は、
持っている財布の購入金額の200倍の法則を見つけ出したといいます。

 

詳しくは亀田 潤一郎氏著の稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
を参照してください。

 

亀田氏の法則によると10万円の長財布を使う人は年収2000万ということになります。

 

 

私は1000円の長財布なので年収20万ということになります。

 

1000円の長財布を使う前は財布を使ってませんでした。

 

現場での作業が中心の仕事だったので、財布を持って仕事をするのは荷物に感じていたからです。

 

お札はズボンのお尻のポケットに2つ折りで裸のまま入れていました。
夏は、お金が汗で濡れていました。

 

 

この本を読む前から、財布は買い換えようとは思っていました。

 

思っているうちに財布にひび割れが発生したのでもう限界でしょう。

 

大阪へ行ったときブランド店に入ろうかと思いましたが、勇気がでませんでした。

 

いきなり10万ではなくまずはその間の2〜3万の財布を買おうかと考えています。

 

 

 

 

一度買えば10年くらいは使える高級な財布。いや大切に使えばもっと使えるでしょう。

 

選び抜かれた上質な材料を使い、熟練職人が伝統技法を駆使して作る高級財布。

 

そんな高級財布もネットでなら2〜3万で十分購入できます。

 

超有名ブランド品になれば金額も跳ね上がるというわけですね。

 

私が買おうと思っている長財布はこのゴードバンという材質の長財布です。

 

ただ、売り切れ続出でなかなか入手が困難です。

 

>>長財布の購入はこちらから<<


皮の長財布