長財布以外の財布

日本最上級の皮革製品専門店ならではの長財布





薄い財布が届いた。

 

 

小さい財布を返品して薄い財布に交換してもらいました。

 

その薄い財布が届きました。

 

財布に比べて箱が大きいためか
梱包余白がありすぎるのか

 

箱が少しつぶれています。

 

それは小さい財布を買った時もよく似ていました。

 

財布は割れ物ではないので中身は大丈夫だと思います。

 

これから開梱してみたいと思います。

 

 

 

 

薄い財布 はこちらから

開梱してみた。

 

 

薄い財布の梱包をわくわくしながら開けてみた。

 

 

中の様子は小さい財布の時と同じ。

 

財布本体が入っている黒い紙の箱

 

納品書

 

商品カタログ

 

などが入っているのが見える。

 

 

財布自体に比較して梱包の箱のサイズが大きい。
しかし、中の梱包干渉材は入ってない。

 

なので外箱がつぶれやすいのかなと思える。

 

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布の蓋を開けてみると

 

 

薄い財布の蓋を開けてみるとこんな感じです。 ↑

 

薄い財布本体は箱の大きさとほぼ同じようです。

 

中身は

 

abrAsus (アブラサス)のロゴの小さなステッカーのようなもの。

 

そして本体を薄いベールで包んでいます。
不織布でしょうね。

 

先に小さい財布を見てしまっているのでかなり大きく感じます。

 

基本的にはお札を二つ折に収納するので
長財布の半分くらいの面積になるはずです。

 

想像より大きいな・・・・ また小さい財布に交換してくれとは言えず・・・

 

はたして・・・実物は・・・

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布の本体は

 

 

 

薄い財布の本体 ↑

 

 

表面のピカピカしている財布が欲しかったので
ガラスのような仕上がりの財布を注文したのですが・・・

 

第一印象は 安っぽいビニールのような印象でした。
100円ショップににもあるんじゃないの・・・
そんなイメージも沸いて来たりしましたが・・・

 

しかし触ってみると確かに革の感触です。

 

 

 

表面がつるつるしているのでポケットから滑り落ちないか
と気になりますね。

 

青い色が好きなので青い色にしましたが
想像していたよりは暗い青色です。

 

長財布の方は表面仕上げがつるつるではなく
毛羽立っているような感じの仕上げになっています。

 

なので布のような感触でポケッットには入れないものの
滑り落ちるような心配のない仕上げになってます。

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布開いてみると

 

 

 

薄い財布を開いてみるとこんな感じです。 ↑

 

 

カード入れのスペースに取扱い説明書のような
カードが入っています。

 

 

開いた状態で完全に一枚ものにはなりません。
内側に曲がる癖がついた状態に設計されているようです。

 

完全に開ききると長財布と面積は変わらないような気がしました。

 

小銭入れのスペースが極端小さいのが気になる。
多分、小銭入れは申し訳程度で実用には向かないだろうと思う。

 

写真に向かって左側の立ち上がっている部分が小銭入れスペースです。
ホックが両端に一個ずつ付いています。

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布にお金を入れてみた。

 

 

薄い財布にお札を入れてみました。

 

薄い財布は千円札をメインに使おうかなと思っています。

 

新品の財布には新品のお札を入れて
しばらくお金の匂いを財布に浸み込ませることにしています。

 

まず、1000円札の新札を20枚入れてみましたが
20枚だと折り曲げられなくなります。

 

通常は10枚ちょっとでどうかな と考えています。

 

1万円札 1枚
5千円札 1枚
千円札  10枚以内

 

小銭の新品は近くの郵便局へいってみましたが
銀行でないと在庫してないと言われました。

 

硬貨の新品を求めて街の銀行まで出かけていくのも面倒ですね。

 

 

薄い財布 はこちらから

サイズを比較

 

 

長財布と薄い財布のサイズを比較してみました。

 

縦 横 共にほぼ同じサイズです。

 

上の写真では下側に移っている薄い財布の方が
横幅は小さく見えますが薄い財布は折れ目があるので横方法に
伸びきっていないからなんです。

 

折れ目を考えるとこのサイズでよく作れたものだと感心します。

 

あとは実際の使い心地がどうかですね。

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布に小銭を

 

 

 

薄い財布に新品の小銭を入れたいのだが、
新品の小銭を手に入れるのが難しい。

 

なので手持ちの小銭の中から比較的きれいな小銭を洗うことにした。

 

500円硬貨と10円硬貨を数枚洗剤で洗って乾燥させた。

 

そしてその小銭と新札を数枚入れて使い始めとした。

 

実際にポケットに入れて持ち運び支払いがスムースにできるかどうか。

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布の実使用は

 

 

薄い財布に新札を入れて九数日寝かして・・・
洗浄したコインを入れてしばらく寝かして・・・

 

そしてついに薄い財布のデビューである。

 

最初に使ったのはホームセンターで千円以内の消耗品の買い込みです。

 

薄い財布には一万円札1枚と
千円札10枚くらい。
そしてコインを数百円入れて行きました。

 

初めての薄い財布の使用感は

 

コインは申し訳程度しか納まらない。

 

なので小銭でのお釣りをもらった時
手持ちの小銭にプラスされてしまうと
薄い財布に小銭は納まりきらない。

 

なので小銭入れも併用して持っておく必要があると感じた。

 

その後も1万円以内の買い物に使ったが
小銭入れは別途必要であると感じた。

 

ホントに使う金額がはっきりしている場合は
薄い財布だけでもいいけど。

 

 

薄い財布には小銭を基本的に入れて行かないことにした。
小銭は薄い財布から小銭入れに移しておく。

 

そして小銭を入れていない薄い財布だけで買い物した時にもらった 
小銭は薄い財布の一時的保管場所にする。

 

車に戻ったときとか帰宅後に薄い財布の小銭は小銭入れに移す。

 

そうなると小銭ばかり溜まるので時には小銭入れも併用して使う。

 

また、小銭は四国霊場をお詣りした時のお賽銭として使う予定である。

 

 

薄い財布 はこちらから

薄い財布の結論

 

 

 

薄い財布の結論

 

 

 

 

常に長財布を持ち歩くスタイルでは行動しない私にとっては
これからは薄い財布がメインになると思います。

 

 

じゃーぁ 長財布は使わないのか?

 

と言われれえば・・・

 

いや、長財布はもちろん使いますよ と答えます。

 

日常的には薄い財布と小銭入れを使えば間に合いますが、
年に何回かは長財布を使うシーンもあるにはあります。

 

その時の為と長財布には自宅での金庫代わりに使います。

 

一万円札や千円札などを銀行から下ろしてきたとき
長財布に収納します。

 

薄い財布のお札を使ったら長財布から補充します。

 

なので長財布と薄い財布、小銭入れを使い分けることにします。

 

 

そしてもう少し持ち歩くものの整理をすると

 

名刺入れ、カード入れ、手帳、があります。

 

薄い財布にはカード類が5枚しか収納できません。

 

なのでカードも用途によって入れ替えます。

 

運転免許証、JAFカード、キャッシュカード、名刺、QUOカード
の5種類をメインに入れようと思います。

 

 

名刺は、もし落とした場合に連絡くれるといいなという希望と
ひょんなことから名刺を渡す機会があるとき便利だから入れます。

 

 

薄い財布は、財布を超えて軽装で出かけるときに必要最小限の
現金とカードを入れられてポケットを圧迫しない。

 

そういう便利なものです。

 

 

 

運転免許証と現金を一緒に入れると
落とした時返ってこないとも言われています。

 

 

運転免許証だけなら返ってくるけど
現金が入っていると現金だけ盗んで
運転免許証だけ返すのも危ないので
返ってこないと言われているのです。

 

私は長年カード入れに運転免許証を
入れて財布とは別にしていましが。

 

時々、財布を忘れるというポカミスをやってしまうので
運転免許証を入れているカードケースにも
千円札を一枚だけ隠して入れていたのです。

 

 

財布入りのバックごと盗まれたことがありますが
運転免許証を入れたカードケースの中に
に救急ばんそうこうの間に隠して千円札を入れていました。

 

その千円札も見破られて盗まれてしましました。

 

カード入れは道端に捨てられているのを見つけました。

 

運転免許証はカードケースに残されており無事に帰ってきました。

 

現金だけきれいに抜き取られていました。

 

 

 

 

以下の方には薄い財布は必要ないと思われます。

 

使うお現金が常に数万以上で
ほとんどスーツを着用している人

 

常時長財布が納まるバッグを持ち歩いている人

 

そういうスタイルの人で小さな金額には縁のない人
長財布を常時愛用した方がいいと思います。

 

 

私の場合はほとんどスーツを着用しない。
使う現金が一万円以下のことがほとんどで
いつもラフな服装をしていてバッグは持ちたくない。

 

 

スマホ、運転免許証、薄い財布、一万円以下の現金、車のキー
この5つを持ち歩けばいい。

 

なので薄い財布に一万円前後の現金と運転免許証を入れれば
スマホ、薄い財布、車のキーの3つでいい。

 

場合によって小銭入れを追加するし
場合によってセカンドバックを持って長財布を使う。

 

 

あ、 ハンカチも常に持っていますよ。

 

 

 

薄い財布 はこちらから

皮の長財布

薄い財布関連ページ

小さい財布
長財布以外の折りたたむ財布をレビューします。まずは小さい財布から。
薄い財布のレビュー
長財布以外の折りたたむ財布をレビューします。