小さい財布

日本最上級の皮革製品専門店ならではの長財布





なぜ小さな財布を買ったのか?

 

 

小さい財布を買ってみました。

 

これはお札を3つ折りにするタイプです。

 

お札を三つ折りにするけれども、お札に折り目をくっきりと付けないタイプです。
折り目はくっきりつかないけれども癖は付きます。
ですから自販機なんかに癖のついたお札を通すときちょっと不便かも・・・

 

でもとても小さいのでポケットに入れるのは長財布に比べて楽です。

 

色はターコイズと裏が茶コールの2カラーです。

 

メーカーは、abrAsus(アブラサス)というメーカーです。

 

 

長財布を愛用しながらなぜ小さな財布を買ったのか?

 

それは・・・

 

Tシャツに短パンで過ごす夏場では長財布を持ち歩くのはかさばるから
かといって小銭入れだけではチト心もとない。

 

長財布を入れるためにはセカンドバックを片手に持たないといけない。
手ぶらでは行けないわけだ。

 

そこでシャツのポケットやジーパンのポケットにも楽に入る
サイズの財布も使い分けで使ってみようかなと思ったのです。

 

 

小さい財布はコチラから 

 

財布の大きさを比較してみます。

 

長財布と小銭入れ そして今回新しく買った小さい財布の大きさを比較してみます。

 

 

 

長財布に比較してかなり小さいです。
小銭入れと比較してもそんなに変わらないくらいです。

 

これでお札と、カード5枚とコイン999円分入るそうです。
財布を入れるバッグを持たなくてもポケットに収まるサイズです。

 

写真左下の鮮やかなターコイズブルーの財布が小さな財布です。

 

 

写真上の長財布は確か、2年半前に買ったと思います。
マゼランブルーのナポレオンカーフの長財布です。
とってもお気に入りで大切に使っています。

 

左下の茶色の小銭入れはもう十年ちょっと使っています。
一人前になった長男が初めての給料で買ってくれたものです。
小銭入れですからお札は折り曲げないと入りません。

 

千円札を4つ折りにして小銭入れの背中にはみ出しながら入れるか。
または千円札を8つ折りにして小銭入れの中にあるポケットに入れるかになります。

 

ちょっとした一人ランチの時にはそうしていますがお札を折り曲げるのが
苦痛になっていました。

 

1000円札を折り曲げて入れるなら500円硬貨を2枚入れれば済むことなんですが。
いつもいつも500円硬貨が2枚手元にあるとは限りません。

 

500円硬貨の新品を1梱包おろしてこようかと近くの郵便局に行きましたが、
田舎の郵便局には通常在庫してませんでした。

 

街の銀行へ行かないと500円硬貨の新品はないそうです。

 

 

ちょっとしたランチはこの財布だけで済みそうです。

 

小銭と、お札と、免許証やカード類がこれ一つで納まります。

 

 

 

小さい財布はコチラから 

 

小さい財布の厚みが気になる。

 

 

財布が小さくてポケットに収まるのはいいんだけど・・・

 

実際に実物をよく見ると財布自体の厚みが気になりだした。

 

どんなポケットににも入るのだが厚みがあるだけにかさばりそうな気がする。

 

車のリモコンキーが厚みがあるのでポケットの中でかさばる。
リモコンキーはボタン電池があるから分厚いからね。
それをキーホルダーに入れているから厚みがある。

 

そうなると、財布とキーホルダーの2つがかさばることになる。

 

お札に折り目を付けたくないから長財布をメインにしてるけど。
お札に折り目は付かないけれど曲り癖は付くからね。

 

この小さな財布をセカンドの財布としてこの先使うかどうか悩み始めた。

 

 

ターコイズブルーの色は鮮やかだし
表面のエンボス加工も手になじみやすそうだけど・・・。

 

 

 

 

小さい財布はコチラから 

 

小さい財布を横から見ると

 

 

 

 

小さい財布は3つ折りに整形されています。

 

なのでそのままでは平らになりません。

 

自然に三つ折りに戻るように整形されているのです。

 

 

横にするとブリッジ状態になります。

 

この状態でカードがどこに入るかよくわかると思います。

 

 

 

小さい財布はコチラから 

 

小銭入れと変わらない

 

 

小さい財布の厚みが気になりだしたが
今迄使っていた小銭入れと変わらない
というか小銭入れよりは厚い。

 

そりゃぁ そうだ お札もカードも収納できるんだから。

 

 

そしてこの厚みがあるからお札にキッチリとした
折り目がつかない構造なんだから。

 

色もきれいだしエンボス加工の手触りも申し分ない。
この小さいサイズでお札とカードと小銭を入れられる
設計はすごいと感心する。

 

 

小さいのはいいけどポケットに入れて
常に持ち運ぶとなるとかさばるだろうな。
その厚みがここんとこ妙に引っかかる。

 

小さい財布はコチラから 

 

やはり薄い財布がいいかな

 

 

小さい財布を購入したものの、
実物を手にするとやはりその厚みが気になってしょうがない。

 

薄い財布にしておけばよかったかな という後悔の念がだんだん強くなってきた。

 

ここはひとつ商品交換の要望を購入先に交渉してみるか。

 

まだ、写真を撮ったくらいで実使用はしていない新品の状態だ。
もちろん箱を含め細かな同梱品もすべて手元に残してある。

 

ネット購入は写真がすべてだから店舗販売のように
実物を直に見ることはできないのが最大のデメリットだ。

 

なので販売元によっては新品の状態なら
返品OKというところもある。

 

極端な話、靴や服をネット注文して
実際に着用してから気に入らない場合の返品もOKというところさへある。

 

 

小さい財布はコチラから 

 

交換交渉

 

 

小さい財布の厚みが気になりだしてかなり迷ったが・・・

 

思い切って購入先へ商品交換希望のメールをだしてみた。

 

 

そしたら喜んで交換しますという返事が来た。

 

ただし、返送の運賃はコチラ持ちだ。

 

ま それは自己都合なのでしかたない。

 

不良品とかだったらまた別の話になるが。

 

送り返して商品に問題なければ
薄い財布を送ってくれる。

 

薄い財布の方が価格的に高いので差額は当然負担しなくてはいけない。

 

その手続きも全部販売者側でやってくれる。

 

クレジットカードの金額を販売者が変更できるというのは
ちょっと怖い感じもするのだが・・・

 

 

 

 

小さい財布はコチラから 

 

小さい財布にお札を

 

 

小さい財布にお札を入れてみるとこんな感じです。 ↑

 

小さいとはいえお札を折り曲げずにそのまま収納するので
一万円札の幅だけの長さはあります。

 

今回、返品するため小銭とカードは入れていません。

 

新札のみ入れて撮影してみました。

 

 

小さい財布はコチラから 

 

皮の長財布

小さい財布関連ページ

薄い財布
長財布以外の折りたたむ財布をレビューします。
薄い財布のレビュー
長財布以外の折りたたむ財布をレビューします。