長財布を使っている人がなぜ稼ぐことができるのか

長財布記事一覧

「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」の著者 税理士の「亀田 潤一郎」氏は自身のベストセラー著書である「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」の中で「会計の時は新札で支払う」といっています。古いお札で支払わざるを得ないときは「すみません 古いお札しか持ち合わせがなくて」と店の人に申し訳なさそうに謝るという人も少なからずいるそうです。そういう人はきっとお金持ちなんだろうなと思います。またとてもお金を大切に扱ってい...

「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」は 税理士の「亀田 潤一郎」氏のベストセラーです。著書である「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」によりますとお金持ちの人はお金を支払うときにもあることをするという。お金持ちの人はお金を気持ちよく使う。お金はまた自分のところに戻ってきてくれると信じているから。だからお金が出ていくときに惜しいという気持ちはみじんもない。お金を支払うときは相手に向きをそろえて気持ち良く手渡す...

お金持ちへの出発点は お金を人と同じように大切に扱うことから始めます。人付き合いを大切にしない人は誰からも嫌われます。お金も同じでお金を乱雑に扱う人はお金から嫌われます。お金を支払うときに無造作に渡す。お釣りを受け取ってもレシートと一緒にポケットに入れる。お金をテーブルの上などにばらまいている。こんな乱暴な扱いをされたらお金は喜んでやってきてくれません。お金は渡す時も受け取る時も大切に扱う。そうす...